牛黒ファーム

『薔薇のマリア』を主にラノベ感想・イラストなどの掲載 

--.--.--[--]  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2009.07.02[木]  【感想】R-15 ようこそ天才学園へ!【伏見ひろゆき】


・久々のスニーカー大賞。
・ヒロインがショートっ娘。
・金帯。
・絵が地雷臭だったがグッと堪えた。

諸々の理由で購入。感想を一言でまとめると
誇張するほどエロくないが百合とホモと自虐が許せる人はカマーン。
「エロすぎて訴えないで下さい」と作者からのメッセージがありますが、エロくなくて広告詐欺だと違うケースで訴えられることならあり得ます。

主人公は高校生にして売れっ子ポルノ小説家。

彼の持つ贖罪は作品中のエロスが全て経験則でなく妄想によるものであること。彼の日常も全ては小説の形に置き換えられてしまうので度々一般人に被害が及ぶ。いや、全然問題無いと思う。
彼の持つ特技はそこら辺にいる女性をPicUpし己の世界に登場させ濃厚なラブシーンを文章仕立てること。これを駆使し、客に好みの女の子を選ばせそれをポルノ小説の走り書きにして売るという宣伝方をとる。これぞ二次元と三次元の融合!実際にはどちらも二次元なのだけれど。
など、主人公に至っては奇特なセンスと特技を持っているので面白い。初めての登場人物の風体を主人公がこと細かにエロチックに説明しはじめても違和感がないのだから。

しかし問題は周りのサブキャラクターです。
・女キャラは主人公に好意を寄せるところか完全レズ、敵対し主人公をボコる。
・方や男友達は僕と恋愛フラグ立てまくりキスまで到達する始末。
・肝心の真ヒロインは後半まで空気。

ようするに前半のレズホモ自虐シーンに耐えられれば後半はちゃんとしたラブコメが読めますよ、といった構造。これらに耐えて読了することができたら貴方に続きの巻を買うという選択肢が現れるだろう。
もちろん牛黒は耐えました、愛する吹音ちゃんのために。次巻はその真ヒロイン吹音ちゃんメインらしいので広告詐欺再び!でなければラブコメが読めそうです。
Tag : ラノベ 感想
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://mooomooo.blog79.fc2.com/tb.php/50-5ca9178f
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。