牛黒ファーム

『薔薇のマリア』を主にラノベ感想・イラストなどの掲載 

--.--.--[--]  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2009.06.10[水]  【感想】ナインの契約書Ⅲ【二階堂紘嗣】


はじめよう、終わりを。

"いきなりこの三巻から手にしてしまったあなた
しかもいきなりあとがきを読んでしまっているあなた
ご安心ください。
なんと、シリーズものであるにもかかわらず、
本作はこの三巻だけでも読めます・・・たぶん"

おおおおおおおお
ま・さ・に、この牛黒めがその"あなた"でございます!
エスパー有難うございます!!!
ハッキリ言いまして、主人公が女の子でショートで口調がボーイッシュでぺちゃんこで最初にあとがきを立ち読んだ牛黒をホールドアップした二階堂氏の上記の台詞により購入が決定した本でございます。
なので以下感想は1、2巻を未読の上での感想ということをご承知の上でご観覧ください。
本日のラインナップ
1、目が覚めるとそこには絶世の美少女が…
2、さあ、脳とれのお時間です!
3、見所は遣い魔カラス
4、総括
ちょっと厚さが足りなかった。
読みきり短編集の感覚で読むといいかもしれない。


1、目が覚めるとそこには絶世の美少女が…
ではなかった。が、突然一般人が悪魔(もちろんゴスロリ美少女)の謎々ゲームに巻き込まれるというのは似たような展開です。但しイチャコラは発生しません。これ大事です。
メインの一般人=人間は文字通り一般というだけあってテンプレ通りの不況下で育った今時の草食男子君です。このロリ悪魔と草食君で他の一般人を見つけてラビリンスからの脱出を目指す、というお話。
主人公のロリ悪魔がサバサバした性格なので話がサクサク進みます。草食君がとまどってオロオロしてもいちいち構わず強引に進みます。ぐだぐだ文に慣れた牛黒にとっては新幹線でした。

2、さあ、脳トレのお時間です!
本作メインは謎々なので頑張りましょう。
・・・・なんですが、何せちゃんと解答をだしてくれるロリ悪魔がいてくれるので考えてる暇はありませんでした。それよりも悪魔の出題する言葉遊びに戸惑う一般人心理を読んでる方が楽しいです。
ちなみに何でロリ悪魔の頭がキレるのかというと探偵設定らしいです。これまた謎解き小説のセオリーですね。この巻だけではその設定に必然性は感じられませんが。

3、見所は遣い魔。
爽快推理小説を読みまくっている牛黒としては探偵より裏で頑張る遣い魔さんの活躍のほうが面白かったです。クイズの出題者である猫耳悪魔を騙してあらよと主人を助けに行くニヒルなカラス野郎が解決の突破口を作るのですが、むしろ騙された猫耳悪魔はそれでも悪魔なのかとツッコミたいです。もうひと策あっても良かったんじゃないかと思います。あまりにも爽快に騙されてくれたんで笑ってしまいました。
まあ、そこは解放された後にカラスを殴ったあまりあが可愛すぎたんでチャラにしてあげます。

4、総括
カラスの機転で無事猫耳ラビリンスから脱出。と、自分の相棒(遣い魔)を信じたロリ悪魔の勝利ということで綺麗にまとまりました。
読み終えて、人間と悪魔のチームプレーというより悪魔と遣い魔のコンビプレー、人間はただの道具ですね。主犯の悪魔も悪魔らしいのは言葉遊びで人間を惑わして楽しんでる猫耳くらいであとは意識してませんでした。それよりも、表面上は主人のことなんて知らねーよ!なカラスさんと淡々と時に強引に前進していく男らしいロリ悪魔、でも最後はカラスに頼っちゃう!なキャラクターに好感がもてました。反対にこれ以外のキャラクターはあまり記憶に残らないという結果に。
話としては追い詰められたときの人間感情があらためて読めた、というくらい。一つの難所で何重にも仕掛けられた罠に四苦八苦する人間模様を見てみたかったなと。コレで最後というのは、メインキャラが好みだっただけに少し心残りですね。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://mooomooo.blog79.fc2.com/tb.php/34-8a720842
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。